引越し当日の段取り

引越し当日の段取り

まずは自分の準備から

引越し当日の段取り

引越しで一番大変なのはやはり引越し当日でしょう。

非常に慌ただしい一日になりますので、段取りを事前に良く確認し、頭の中でシミュレーションしておくことが大事です。

 

まずは自分自身の準備。業者が来る前にやっておくことが沢山あります。

 

早起きをして、食事をきちんと済ませ、洗面道具などをダンボールに詰めてしまいましょう。
服装は動きやすく、汚れても構わないものにしましょう。靴は紐なしで着脱しやすいものの方が便利です。

 

当日は引越し代金をはじめ公共料金の支払いもありますので、お金はきちんと管理しておきましょう。
当日は沢山の人が出入りしますので、ウエストポーチやリュックなどに入れて肌身離さず身につけておいた方が安心です。

作業前の打ち合わせ

引越し当日の段取り

業者がついたら、必ず作業前に簡単な打ち合わせをしましょう。

友人に手伝ってもらう場合は、友人も交えて打ち合わせをするようにしましょう。

 

まずは挨拶を済ませます。
友人がいる場合は、友人も業者に紹介しておき、手伝ってもらうことを伝えておきましょう。

 

不明なことがあったら誰に訊いたらいいかも確認しておきます。
友人が手伝う内容(例えば、ダンボールの運び出しだけやってくれ、荷物を運び終えた部屋から掃除してくれ、など)も確認しておきましょう。

 

誰が何をするのかを打ち合わせで全員が把握しておくと、混乱が少なくてすみます。
業者にチップを渡す場合は、このタイミングで渡すと良いです。

 

作業員1人当たり1000円が相場です。昼食を用意してある場合は、その旨も伝えておきましょう。

 

 

>>引越し当日までのサービス内容を徹底比較出来るサイト!

引越し当日の段取り記事一覧

荷物の搬出時と光熱費の清算

基本的には、荷物の運び出しは業者に任せておいて問題ありません。相手はプロですので、驚く程手際良くやってくれます。利用者側としては、立ち会いと指示をテキパキとやれば良いです。それと、荷物の搬出が終わった部屋から、忘れ物がないかを確認していきましょう。押し入れの中や天袋の奥、流しの下やベランダなどは忘れ...

≫続きを読む

 

旧居の明け渡しと鍵の返却

旧居が賃貸だった場合は、荷物の運び出しと掃除が終わった段階で大家さんや仲介の不動産屋立ち会いのもと、明け渡しを行います。このとき、傷んでいる場所をチェックして、全員で修繕する箇所について確認をします。この「修繕箇所」というのがくせ者で、借りる側が負担すべきなのは、借りる側の不注意によって生じてしまっ...

≫続きを読む

 

荷物の搬入とチェック

荷物の搬入のときには、業者が新居に着く時間よりも前に現地についておく必要があります。出発する前に、業者と時間や段取りについてよく話し合っておきましょう。旧居から新居まで遠くて業者が着く時間に間に合いそうにないときは、先発隊を出しておいて搬入の先導をしてもらう必要があります。家族の中の誰に行ってもらう...

≫続きを読む

 

引越しの支払いとご挨拶

前項で述べた荷物の確認が終わったら、引越し料金の支払いを行います。(業者によっては、旧居で作業を始める前に前払い、というケースもあります。)請求書と見積書を照合し、問題がなければ支払いを済ませます。必ず領収書をもらいましょう。現金払いが一般的ですが、最近は銀行振込のところもあります。電気・ガス・水道...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ