荷物の搬入とチェック

荷物の搬入とチェック

荷物の搬入

荷物の搬入とチェック

荷物の搬入のときには、業者が新居に着く時間よりも前に現地についておく必要があります。

出発する前に、業者と時間や段取りについてよく話し合っておきましょう。

 

旧居から新居まで遠くて業者が着く時間に間に合いそうにないときは、
先発隊を出しておいて搬入の先導をしてもらう必要があります。

 

家族の中の誰に行ってもらうのかを決めておきましょう。

 

その人が新居での指示を適切にできないと意味がありませんので、そこの段取りをしっかりとしておきましょう。

 

できれば旧居にいるときに新居の見取り図や家具の配置図を渡しておくと、作業員もわかりやすいです。
玄関に貼っておき、誰でも確認できるようにしておきましょう。紛失するおそれもあるので、何枚か用意しておくと安心です。

荷物のチェック

荷物の搬入とチェック

荷物の搬入と家具の配置が終わったら、業者の人と一緒に紛失や破損のチェックをしましょう。

これは非常に重要です。

 

ダンボールの個数については、
梱包のときに通し番号をふっておいて全体数を把握しておくと便利です。

 

家具の傷は、
引越し時についたものなのかどうかが問題なので、引越し前にカメラやビデオで撮影しておきましょう。

 

割れ物や大事なものについては、ダンボールの中に入っていてもすぐに中身を確認しておきましょう。
またそれ以外でも、外装から異変を感じたり、何か不審に思うことがあったりすればその場で確認しておきましょう。

 

もし破損や紛失があった場合は、カメラなどで撮影して証拠を残し、損害賠償請求に必要な事故証明書を発行してもらいましょう。

 

 

>>引越し当日までのサービス内容を徹底比較出来るサイト!

荷物の搬入とチェック関連ページ

荷物の搬出時と光熱費の清算
引越し当日は非常にやる事が沢山あるので、あれこれとバタバタしてしまいがちですが、慌てず一つ一つの作業を処理していくようにしましょう。
旧居の明け渡しと鍵の返却
旧居の明け渡しには大家さんが立ち会うことになるかと思いますが、その他、鍵の返却や修繕費等の話も事前に確認しあっておきましょう。
引越しの支払いとご挨拶
引越しが完了したら光熱費等の支払いの確認と近居へのご挨拶を忘れずにおこなうようにしましょう。これからあなたが住む地域になるので、ご近所さんとのお付き合いは非常に大切ですよ。
ホーム RSS購読 サイトマップ