旧居の明け渡しと鍵の返却

旧居の明け渡しと鍵の返却

旧居の明け渡し

旧居の明け渡しと鍵の返却

旧居が賃貸だった場合は、荷物の運び出しと掃除が終わった段階で大家さんや仲介の不動産屋立ち会いのもと、明け渡しを行います。

 

このとき、傷んでいる場所をチェックして、全員で修繕する箇所について確認をします。

 

この「修繕箇所」というのがくせ者で、
借りる側が負担すべきなのは、借りる側の不注意によって生じてしまったキズだけです。

 

畳やふすまの日焼けなど、通常の使い方をした場合の自然の損耗については、負担をする必要はありません。

 

借りる側がこういったことの知識がないために、多めに修繕を見積もられてしまい、敷金がほとんど返ってこなかったというケースもあります。
立ち会いで「こことここを修繕します」と明細を見せられたときに、納得いかない箇所が一つでもあった場合は、決して判を押してはいけません。

鍵の返却

旧居の明け渡しと鍵の返却

鍵の返却は、大体明け渡しのときに行うのが普通です。

しかし、近距離の引越しでは、引越し日から明け渡し日までに間が空くことがあります。

 

このような場合は、
あらかじめ大家さんなどに「○日に引越しをして○日に鍵の返却をします」と伝えておきましょう。

 

引越し当日に返却する場合は、
新居に行く前に鍵を渡すために不動産屋に立ち寄る時間などが必要ですので、その時間を忘れずに考慮してください。

 

入居時に渡された鍵を紛失した場合は、鍵の交換代を請求されます。
渡された鍵には、通常ナンバーが刻印してありますので、ごまかしはききません。

 

鍵の交換代は大体1万から2万くらいを覚悟する必要があります。
結構大きな出費なので、入居時にすぐに必要な本数をコピーして、本体は大事な書類などとともにしっかりと管理しておきましょう。

 

 

>>引越し当日までのサービス内容を徹底比較出来るサイト!

旧居の明け渡しと鍵の返却関連ページ

荷物の搬出時と光熱費の清算
引越し当日は非常にやる事が沢山あるので、あれこれとバタバタしてしまいがちですが、慌てず一つ一つの作業を処理していくようにしましょう。
荷物の搬入とチェック
引越し当日は荷物の搬出入が絶えず行われている状態になります。そのため、見落としが発生しないように、荷物チェックを常に行いながら引越しを進めていくようにしましょう。
引越しの支払いとご挨拶
引越しが完了したら光熱費等の支払いの確認と近居へのご挨拶を忘れずにおこなうようにしましょう。これからあなたが住む地域になるので、ご近所さんとのお付き合いは非常に大切ですよ。
ホーム RSS購読 サイトマップ