引越しトラブルの事例を紹介

引越しトラブルの事例

引越しのトラブル!〜事例から学ぼう〜

引越しトラブルの事例

引越し専門業者の数は3000社程度と言われていますが、

兼業で引越しも行っているトラック運送業者も合わせるとさらに膨大な数の業者があることになります。

 

この業界は特に中小・零細企業が非常に多く、CMなどで知られる大手企業はほんの一部です。
それらの業者の仲には、残念ながら悪徳業者も含まれており、トラブルに至るケースも少なくありません。

 

また、引越しトラブルの中には、利用者側が気をつければ防げるケースも多くあります。

 

引越しにはそれなりの費用がかかりますので、業者任せにするのではなく、
自分できちんと下調べをして業者との交渉に当たることが非常に重要です。

 

引越しトラブルの事例からは、色々と学ぶことがあります。
トラブルを避け、気持ちよく引越しを行うためにこれらの事例に目を通し、同じようなトラブルを起こさないようにしましょう。

 

 

>>トラブルが起きない業者を一発で探す方法!

引越しトラブルの事例記事一覧

引越しで家具や新居の破損が起きたら?

引越しの際によくあるのが、家具を傷つけられてしまった、というもの。業者に連絡してもなしのつぶてで、どうしたらいいのかわからない、というケースが数多くあるようです。国土交通省の「標準引越運送約款」では、賠償請求は3ヶ月以内にしないと無効になると定められています。そのため、これらの賠償を求める場合には、...

≫続きを読む

 

引越し業者の荷物紛失や時間違反

荷物の入ったダンボールが、引越し時にいくつか紛失してしまうということもあります。この場合は、家具の破損の場合と同じく、3ヶ月以内に内容証明郵便で賠償請求をします。特に大物家具の場合は、見積書にリストがあるのでそれが証拠になります。ただし、宝石や現金などの貴重品についてはあらかじめ「運べない」と明記し...

≫続きを読む

 

キャンセル料に関するトラブル事例

また、キャンセル料に関するトラブルも多くあります。例えば、電話で見積もりをしてもらった業者にその場で引越しを頼んだけど、気が変わって数十分後に断りの電話をしたらキャンセル料を請求された、という事例があります。数十分の間に業者が何らかの損失を受けたとは到底考えられず、明らかに不当請求であると考えられま...

≫続きを読む

 

従業員とのトラブル事例

作業員の人数が予定と異なる、といったトラブルもあります。ドライバーの他に2人作業員が来るはずだったのに実際に来たのは1人で、そのため予定時間を大幅にオーバーし、しかもその分の追加料金を請求された、といった事例の場合はどうでしょうか。見積書に「作業員2名」と記載してあるなら、明らかに業者の契約違反です...

≫続きを読む

 

引越しで無用なトラブルを避けるために

ここまで様々なトラブルについてご説明してきました。これらの事例から、トラブルを避けるためにはどのように対応したら良いかがわかるかと思います。破損・紛失については、事前の状況をしっかりと記録しておくこと。日時についてもできれば直前にしっかりと確認をすること。(前日などに、時間の確認とともに「明日はよろ...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ